• 2020年5月8日
  • プレスリリース
  • 生物の個体サイズを決定するステロイドホルモン生合成の制御メカニズムを発見 ~成長を調節する神経内分泌メカニズム~

2020/05/08

国立大学法人筑波大学 生存ダイナミクス研究センター 丹羽隆介教授、島田裕子助教、同大学院生命環境科学研究科 博士後期課程3年(日本学術振興会特別研究員、現同大博士研究員)井村英輔らの研究グループは、個体サイズを決定する神経内分泌メカニズムを、モデル生物であるキイロショウジョウバエ Drosophila melanogaster で新たに発見しました。

 

続きを読む>http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p202005081403.html