• 2020年9月11日
  • プレスリリース
  • 様々なタンパク質を検出できるRAPタグは植物細胞でも有効に機能する

2020/09/11 

筑波大学生命環境系/つくば機能植物イノベーション研究センター 三浦謙治教授、東北大学未来科学技術共同研究センター/大学院医学系研究科 加藤幸成教授らの研究グループは、動物細胞で作られる目的タンパク質に目印をつけるために開発されたRAPタグが、植物細胞の作るタンパク質の検出にも有効であること、さらにRAPタグを認識する抗体であるPMab-2を植物で効率的に生産することを可能とし、タグを付けたタンパク質の精製に有用であることを明らかにしました。

 

続きを読む>http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p202009111400.html