Driving Sustainable Development
EN
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン

EFFORTS OF UNIVERSITY OF TSUKUBA筑波大学の取り組み

アイコン
目標
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
プロジェクト

環境調和型殺虫剤の同定と作用機序の解明

概要

 昆虫ステロイドホルモンであるエクジステロイドは、昆虫の発生に必須の役割を果たす。我々はこれまでに、エクジステロイド生合成に関する分子メカニズムの解明で成果をあげてきた。現在までに発見されたこれらのメカニズムの一部は、昆虫のみに存在が認められる。よって、これらのメカニズムを撹乱することによってエクジステロイド生合成を阻害することができれば、害虫のみに作用して環境に優しい殺虫剤として利用できる可能性がある。

 そこで我々は、自身で見出したエクジステロイド生合成制御因子の機能を撹乱する物質を発掘することにより、新しい環境調和型殺虫剤の開発を目指している。本研究から、害虫以外への毒性が低く環境に調和した全く新しいコンセプトの殺虫剤が実現できれば、食料の安定生産や衛生環境の維持に寄与しながら環境負荷を抑えた社会の実現に寄与し、ひいては持続可能な開発目標の一端に貢献できる。

主なメンバー

丹羽 隆介

生存ダイナミクス研究センター 教授

藤川 雄太

東京薬科大学・生命科学部 助教

千田 俊哉

高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所・構造生物学研究センター 教授

小祝 幸太郎

高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所・構造生物学研究センター 研究員

小島 宏建

東京大学 創薬機構 特任教授

page top