Driving Sustainable Development
EN
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン

EFFORTS OF UNIVERSITY OF TSUKUBA筑波大学の取り組み

アイコン
目標
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
プロジェクト

空間情報解析融合技術の戦略的活用

概要

地理的空間情報は、ビッグデータの時代を迎えて、IoT化の進展やICT技術により大量化・高度化しており、近年重要性を増している情報技術の社会実装と政策展開の課題の中で、有効かつ的確に活用できる可能性が広がっています。
本リサーチユニットは、未来社会の空間設計に向けて、空間情報ビッグデータの集約と活用方法の開発、そして、数理モデリング技法による空間設計の意思決定方法への応用の研究を推進します。これまでは、地理学、都市計画学、社会工学などの各分野の空間情報解析技術の研究を基に、新しい融合技術の開発を行ってきました。
今後は、犯罪・災害などのリスクに対する安全研究、安全・効率的で環境負荷の少ない交通体系の研究、老朽化する都市基盤施設の維持更新や集約型のコンパクト・アンド・ネットワーク型の都市計画の研究などにおいて、空間データを応用した意思決定方法の開発やその社会実装方法、そして即効性の高い政策展開を支える社会的な仕組みを提示すること目指します。

実施グループ
空間情報の社会的活用
主なメンバー

鈴木 勉

システム情報系 教授

大澤 義明

システム情報系 教授

堤 盛人

システム情報系 教授

渡辺 俊

システム情報系 教授

雨宮 護

システム情報系 准教授

page top