Driving Sustainable Development
EN
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン

EFFORTS OF UNIVERSITY OF TSUKUBA筑波大学の取り組み

アイコン
目標
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
プロジェクト

同位体・数値モデル・GISの融合による水循環トレーシング

概要

健全な水循環を維持し、持続可能な水管理を果たすには、水循環の実態把握が不可欠です。そのため、本課題では、水分子を構成する水素・酸素安定同位体トレーサーを数値モデルや地理情報システム(GIS)と融合させることで水循環の経路や起源を明らかにすることを目標として研究を行っています。
これまでに、中部山岳域において降水同位体比観測ネットワークを展開し、GISを用いた同位体マップの作成や、これをインプットとする水・同位体循環モデルの構築を行ってきました。それらの成果としては、①河川流量データに乏しい流域における流出予測、②植物の水利用戦略と種間相互作用の解明、③水道水源の涵養標高推定、④群落―流域スケールでの蒸発散分離、⑤循環性・非循環性温泉の同定、⑥湖沼水収支の標高依存性の解明、⑦春季河川流出に占める融雪寄与率の定量化などが挙げられます。
今後は、生態系サービスとしての水資源供給機能や、地球温暖化に伴う水循環応答といった視点も踏まえて、方法論の向上と研究事例の蓄積を図ります。

 

図 長野・山梨両県の面積の標高分布(左)に対する人口(中)と水道水源涵養域(右)の不均衡分布

実施グループ
水文科学
主なメンバー

山中 勤

筑波大学生命環境系 准教授

鈴木 啓介

信州大学理学部 教授

page top