Driving Sustainable Development
EN
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン

EFFORTS OF UNIVERSITY OF TSUKUBA筑波大学の取り組み

アイコンアイコン
目標
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
プロジェクト

がん治療法の高度化と専門職人材教育

概要

筑波大学は、1983年より陽子線治療の本格的臨床研究を始め、国内で最も長い歴史と多くの優れた実績を持っています。特に、肝臓がんなど体の深部に発生したがんに対しては、世界に先駆けて陽子線治療を行っており、その治療法は現在、世界のスタンダードとして高い評価を受けています。現在は、副作用が軽く、体への負担が少ない治療法の確立を目指し、研究を行っています。また、本研究センターでは、専門職人材の教育にも力を入れています。主な研究テーマは以下の通りです。

  • 短期照射法を用いた前立腺癌陽子線治療の臨床研究
  • 大きな脳動静脈奇形に対する陽子線治療の安全性と有効性
  • 小児腫瘍に対する陽子線治療症例データベース構築による安全性、有効性の検討
  • 放射線治療の効果予測のためのビッグデータ解析共同研究
  • がん細胞と正常細胞に対する陽子線の生物学的効果の研究
  • がん組織への放射線照射による腫瘍免疫賦活効果の研究
  • 電離放射線によるDNA損傷とその修復機構の解明
  • 中性子捕捉療法の実用化に向けた研究
  • 粒子線治療を含む複数の治療法併用によるシナジー効果の研究
  • 放射線・粒子線治療の高精度化、安全性向上のための研究
  • 加速器を使った新しい治療技術の開発
  • 品質管理のための新技術の開発
  • 体内の線量分布を精度良く評価する技術の開発
主なメンバー

櫻井 英幸

医学医療系 教授

榮 武二

医学医療系 教授

熊田 博明

医学医療系 准教授

奥村 敏之

医学医療系 准教授

page top