Driving Sustainable Development
EN
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン

EFFORTS OF UNIVERSITY OF TSUKUBA筑波大学の取り組み

アイコン
目標
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
プロジェクト

電力系統出力変動対応技術研究開発事業(風力発電予測・制御高度化)

概要

風力発電は、発電コストも他の再生可能エネルギーと比較して安価で、液化天然ガス(LNG)や石油火力発電とも遜色ない発電コストとなることが見込まれています。しかし、気象条件によって出力が変動するため、大量に電力系統に連系された場合、電力の安定供給に悪影響を及ぼす可能性があります。このため、風力発電による安定供給への影響を最小化するためには、気象条件と風力発電の出力の変動の関係について、気象学的な見地からも理解を深める必要があります。
本研究課題では、電力の需給運用に影響を与える風力発電の急激な出力変動(ランプ)に着目し、大きさについては仮の値(変動巾,変動時間)を基にした「気象学的な風ランプ現象」を対象として、数値気象モデルを用いて気象学的な見地からランプ現象を引き起こす風の急変動現象の要因について調査しています。ランプ現象を引き起こす風の急変動現象の要因を気象学の立場で解明することで、数値気象モデルを用いたランプ現象の予測や再現の精度向上に資することができます。

 

<参考>電力系統出力変動対応技術研究開発事業HP:

http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100069.html

実施グループ
主なメンバー

日下 博幸

計算科学研究センター 教授

荻本 和彦

東京大学生産技術研究所 特任教授

加藤 央之

日本大学 教授

page top