Driving Sustainable Development
EN
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン
  • iconボタン

EFFORTS OF UNIVERSITY OF TSUKUBA筑波大学の取り組み

アイコン
目標
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
プロジェクト

気候変動適応技術社会実装プログラム(気候変動の影響評価等技術の開発に関する研究 課題(i)気候変動に関する分野別影響・適応策評価技術の開発 サブ課題e:適応策評価のための暑熱環境と健康影響モデル開発)

概要

本プログラムは、気候変動に対して強靱な社会を構築するために、地方自治体が自らの地域の気候変動への適応策を講じていく際に必要とされる科学的情報が得られることを目指し、地域の将来の環境を予測する共通基盤的技術の開発及び科学的情報を踏まえた上で、地域特有の気候変動影響を考慮した気候変動適応策の立案に資するようなアプリケーションの開発や導入支援を実施することを目的としています。
筑波大学は、気候変動の影響評価を自治体等が行うためのアプリケーションツールについて、熱中症対策評価スキームの開発及び熱中症リスク(暑さに対する警戒度)マップの作成の開発を担当しています。

 

<参考1>気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)HP:
https://si-cat.jp/

<参考2>筑波大学 日下研究室HP:
http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~kusakaken/index.php?id=4152

実施グループ
主なメンバー

日下 博幸

計算科学研究センター 教授

建部 修見

計算科学研究センター 教授

渡部 厚一

体育系 准教授

鈴木パーカー 明日香

立正大学 助教

page top