Language

研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ヘッダーアイコン画像

医療 medicine

Principal investigator

川口 敦史

Kawaguchi Atsushi

医学医療系
Faculty of Medicine
+12
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像

ヒトと同じように新型コロナウイルスに感染し、
ウイルス性肺炎を起こすマウスを作り、治療薬開発の道を拓く

ヒトと同じように新型コロナウイルスに感染し、ウイルス性肺炎を起こすマウスを作り、治療薬開発の道を拓く

Paving the way for the development of therapeutic drugs by creating mice that model COVID-19 infection and complicating viral pneumonia in humans


治療薬の開発には、ヒトと同じ症状を示すマウスの存在が大きな助けとなりますが、通常のマウスは新型コロナウイルスに感染せず、ウイルス感染による炎症も起こしません。そこで私たちは、最近開発された新型コロナウイルスに感染するマウスと、私たちが開発した炎症を起こすマウスを掛け合わせ、ヒトと同じように新型コロナウイルスに感染して肺炎症状を起こすマウスを作ります。このマウスを使い、私たちが発見した過剰な炎症を抑える物質が、新型コロナウイルス感染による炎症にも効果があるかどうか調べます。新型コロナウイルス感染症のモデルとなるマウスが確立できれば、治療薬の開発に大きく貢献することが期待されます。

Mice modeling symptoms in humans greatly help in the development of therapeutic drugs, but normal mice are neither infected with COVID-19 nor susceptible to inflammation due to viral infection. Therefore, we crossed a newly developed mouse model of COVID-19 infection with a mouse modelling inflammation developed by us to create a mouse line that models COVID-19 and symptoms of complicating pneumonia in humans. Using this mouse line, we examined whether the substances we found to suppress excessive inflammation are also effective for inflammation caused by COVID-19 infection. Once established, this mouse model is expected to greatly aid in the development of therapeutic drugs for COVID-19 infection.

Project Name
新型コロナウイルス感染症モデルマウス作製
Creating a mouse model of COVID-19 infection
Keywords
炎症、動物モデル、抗ウイルス薬開発
Inflammation, Animal model, Antiviral drug
Collaborators
Project Web Site
Related Link
Contact
ats-kawaguchi [at] md.tsukuba.ac.jp
研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|アイコン画像

医療 Medicine

Other Projects

  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • 植物を使った効果的なワクチン生産技術開発
  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • 高精度計算創薬科学
  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • SARS-CoV-2のT細胞エピトープ探索
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ページトップ画像