Language

研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ヘッダーアイコン画像

こころ mind

Principal investigator

外山 美樹

Toyama Miki

人間系
Faculty of Human Sciences
16+
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像

災害危機で誹謗中傷など他人への攻撃・差別はなぜ起こるのか?
差別、デマや間違った情報の拡散、パニック行動を防ぐための
心理学的アプローチの解明

災害危機で誹謗中傷など他人への攻撃・差別はなぜ起こるのか?
差別、デマや間違った情報の拡散、パニック行動を防ぐための心理学的アプローチの解明

Why do verbal attacks and discrimination against others, such as slander, occur in a disaster crisis?
Elucidating psychological approaches to prevent discrimination, the spread of false or misinformation, and panic behavior


自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価したりすることを心理学用語で「正常性バイアス」といいます。これは災害時などに自己中心的な行動に対して過剰なまでに攻撃することや差別を生む原因となります。本プロジェクトでは新型コロナウイルス感染における「正常性バイアス」と「非自粛行動」および「他者への攻撃・差別」との因果関係を明らかにすることを目的とし、1000人規模の質問紙調査を実施する予定です。今後、正常性バイアスが高い人低い人という切り口で他者への差別・攻撃行動や非自粛行動につながらないためにどうすれば良いかなど、広く社会へ共有できる提言を作成します。

In psychological terms, ignoring or underestimating information that is not convenient to you is known as “normalcy bias”, and it may cause excessive attacks and discrimination against self-centered behaviors in the event of a disaster. The purpose of this project is to clarify the causal relationships among “normalcy bias”, “non-self-control behaviors” and “attacks/discrimination against others” in relation to COVID-19 infection. We plan to conduct a questionnaire survey involving approximately 1,000 people. In the future, we will compare people with higher and lower degrees of normalcy bias, and make recommendations that can be widely shared in society, including measures to prevent discrimination/aggressive behavior against others and non-self-control behaviors.

Project Name
非常事態下の人々の行動メカニズム
Behavioral mechanism of people under emergency
Keywords
新型コロナウイルス感染症、正常性バイアス、自粛行動、攻撃行動
COVID-19, normalcy bias, self-isolation, aggressive behavior
Collaborators
長峯 聖人(人間総合科学研究科)
Nagamine Masato, Graduate school of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba
Project Web Site
Related Link
Contact
mtoyama [at] human.tsukuba.ac.jp

News2021.02.12

コロナ対策に影響注意「正常性バイパス」

非常事態下の人々の行動メカニズムプロジェクト(代表:外山美樹 人間系准教授)の調査が毎日新聞(2021年1月31日朝刊)に取り上げられました。

毎日新聞(2021年1月31日朝刊)※リンク先は有料記事です
https://mainichi.jp/articles/20210131/ddm/003/070/057000c

研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|アイコン画像

こころ mind

Other Projects

  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • RE-COVER:各国のコロナ疲れと心理的レジリエンス
  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • ひきこもりから学ぶ新しい生活様式
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ページトップ画像