Language

研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ヘッダーアイコン画像

健康 health

Principal investigator

岡本 嘉一

Okamoto Yoshikazu

医学医療系
Faculty of medicine
6+
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像

感染対策万全!他人に迷惑をかけないランニング法とは!?
様々な環境をシミュレーションしたランニング状況の検証実験

感染対策万全!
他人に迷惑をかけないランニング法とは!?
様々な環境をシミュレーションしたランニング状況の検証実験

Toward perfect infection control
How to run without causing harm to others
Conducting verification experiments on running under simulated environmental conditions


2名のランナーが前後に並んで走った呼気粒子が 10メートル程度後方まで飛散するとうランニングにおける感染症拡大の警鐘を鳴らした先行研究により、ランニング活動も自粛傾向にあります。本プロジェクトでは、様々な気候環境下、条件下でランニングの呼気シミュレーション実験し、呼気飛沫がどのような飛程を示すのか検証し、呼気が他人にかからず迷惑のかからないランニング手法の開発やランニング環境を提案することを目標とし、感染症防止対策ができる持続可能なランニング法を社会一般に広く提案する予定です。

A previous study, which demonstrated the spread of infection through running by revealing that when two runners run one behind the other, expiratory particles in their breaths scatter approximately 10 meters behind, has caused people to refrain from running. In this project, we will conduct simulation experiments on running under different climatic environments and conditions to clarify the extent to which expiratory droplets scatter, with the goal of developing methods and proposing environments for running without causing harm to others. We plan to widely introduce sustainable running methods that are also effective for infection prevention to the general public and society.

Project Name
感染症パンデミック時の安全で持続可能なランニング方法の検討
Development of running methods that are safe and sustainable during an infectious disease pandemic
Keywords
ランニング、適正距離、飛沫、エアロゾル、可視化
running, appropriate distance, droplet, aerosol, visualization
Collaborators
渡部 厚一(体育系)
Watanabe Koichi, Faculty of Health and Sport Sciences
向井 直樹(体育系)
Mukai Naoki, Faculty of Health and Sports Sciences
Project Web Site
Related Link
Contact
yokamoto [at] md.tsukuba.ac.jp
研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|アイコン画像

健康 Health

Other Projects

  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • COVID-19感染拡大が高齢者の活動に及ぼす影響
  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • 新型コロナウイルス感染症問題による健康格差の評価
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ページトップ画像