Language

研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ヘッダーアイコン画像

医療 medicine

Principal investigator

三浦 謙治

Miura Kenji

生命環境系
Faculty of Life and Environmental Sciences
8+
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像

植物を使った独自のタンパク質生産技術「つくばシステム」を
用いてパンデミックウイルスの効果的なワクチン生産に挑む

植物を使った独自のタンパク質生産技術
「つくばシステム」を用いてパンデミックウイルスの効果的なワクチン生産に挑む

Challenges of effective vaccine production against a pandemic virus using the “Tsukuba system”, a unique plant-based protein production technology


パンデミックなウイルス感染症をコントロールし、世界的な終息へ向かわせるため、効果的なワクチンの早期開発が期待されています。ウイルスの殻である「ウイルス様粒子」は感染や自己増殖の機能を持たないことから、通常よりも安全で効果の高いワクチンを作れることが知られていますが、従来の方法ではウイルス様粒子の効率的な生産が難しいという課題がありました。そこで私たちは、植物を使って大量のタンパク質を生産する独自のシステムである「つくばシステム」を使い、ウイルス様粒子の効率的な生産を試みます。この研究により、パンデミックをもたらすウイルスに抗する、効果的なワクチン生産につながる基盤技術の確立を目指します。

The production of effective vaccines is required to control viral pandemics and eradicate viral infection worldwide. As virus-like particles (VLPs), which consist of shell proteins of viruses, have impaired infection or self-propagation function, they may be safer and more effective as vaccines. However, it is difficult to produce particles efficiently. Therefore, we will attempt to efficiently produce VLPs using the “Tsukuba system”, which is a unique system to produce a large amount of protein in plants. Through this study, we aim to establish a basic technology for effective vaccine production against viruses causing pandemics.

Project Name
植物を使った効果的なワクチン生産技術開発
Development of an effective vaccine production technology in plants
Keywords
植物一過的タンパク質発現システム、つくばシステム、ウイルス様粒子、ワクチン
plant transient expression system, Tsukuba system, virus-like particle, vaccine
Collaborators
小野 道之(生命環境系)
Ono Michiyuki, Faculty of Life and Environmental Sciences
鶴田 文憲(生命環境系)
Tsuruta Fuminori, Faculty of Life and Environmental
Project Web Site
Related Link
Contact
miura.kenji.ga [at] u.tsukuba.ac.jp

News2020.09.15

日本植物バイオテクノロジー協会 2020年度技術賞

「植物を使った効果的なワクチン生産技術開発(代表:三浦謙治教授(生命環境系)」の構想の元となった植物でのタンパク質大量発現システム(つくばシステム)が日本植物バイオテクノロジー協会 2020年度技術賞を獲得しました。

三浦 謙治(筑波大学)、星川 健(国際農林水産業研究センター)、江面 浩(筑波大学)
「植物における一過的タンパク質大量発現システムの確立」

https://www.jspb.jp/society_award/sub02-3/2020tech_prize/

研究戦略イニシアティブ推進機構|筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|アイコン画像

医療 Medicine

Other Projects

  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • 新型コロナウイルス感染症モデルマウス作製
  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • 高精度計算創薬科学
  • 筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|研究員画像
  • SARS-CoV-2のT細胞エピトープ探索
筑波大学「知」活用プログラム|新型コロナウイルス感染症研究支援|ページトップ画像